相続相談 ViVi富山(株)相続とは

相続とは・・・?

相続とは
相続というのは、人が亡くなったときに、その人(被相続人)の財産的な地位や義務を、その人の子や妻など一定の身分関係にある人(相続人)が受け継ぐということです。
法的に言えば、相続人が死亡した場合に、その被相続人の権利義務を相続人に包括的に承継させる法制度ということになります。

相続の効力・効果

遺産相続が開始されると、被相続人の一身に専属したものを除いて、「相続人は相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」ことになります。

相続人が複数の場合は、各共同相続人が原則として、遺産分割によって確定されるまでの間、その相続財産を共有することになるのです。この「被相続人の財産に属した一切の権利義務」から「被相続人の一身に専属したもの」を除いたものを「相続財産」といいます。

相続財産には、プラスの財産(資産)だけでなく、マイナスの財産(負債)も含まれ、負債も相続人がすべて受け継ぐこととなります。

「包括承継」と「特定承継」

「包括承継」とは、一般承継ともいい、一切の権利や義務を受け継ぐことをいいますが、これに対し「特定承継」は、権利や義務の一部を受け継ぐことをいいます。

包括承継がされるのは、法人の場合、合併や会社分割のときであり、個人の場合は、遺産相続のときです。

相続人が複数の場合

相続人が複数の場合(共同相続人)には、その相続財産は、共同相続人に法律の定めに従って分配されますが、法律で規定された相続財産の分配割合のことを「法定相続」といいます。

TOP