相続相談 ViVi富山(株)不動産に強い相続診断士

不動産に強い相続診断士

不動産の相続手続きと言えば司法書士が一般的ですが相続手続きはできても、相続した不動産の運用方法についてはアドバイスができません。

しかし、不動産に強い相続診断士に相談すれば、運用方法や活用方法もしっかりとアドバイスが可能です。

相続した不動産をそのままにしておくと、様々なデメリットが発生しますので、一度ご相談される事をおすすめします。

不動産売却のご相談

  • 不動産の売却を考えているが、どんな形が良いのか?
  • 今土地を売却するほうが良いのか、保有している方が良いのか?
  • 売却したいが、借地人や借家人がいる。
  • 隣の土地と境界の件でもめて、境界が決まらない。
  • 遠方の土地を相続したが、どうして良いのか判らない。

不動産を相続したのは良いけど、上記のようなお悩みを持つ場合は、早めにご相談を下さい。

不動産に強い相続診断士が、不動産売却について的確なアドバイスを致します。

相続した不動産を有効活用できないままにしていると、固定資産税を毎年納めるだけではなく、不動産の資産価値も年々薄れてしまい、デメリットが発生してしまいます。

相続した不動産の有効活用ができない、もしくはする意志が無い場合、私たちは不動産の売却をおすすめします。

ホームページからのご相談・お問い合わせ

不動産有効活用のご相談

  • マンションを建築しないかと言われている。
  • 相続対策は判るのだが、本当にマンションを建てて良いのか?
  • マンションが良いのか、倉庫・テナントに貸すほうが良いのか?
  • 新しい不動産有効活用を知りたい。
  • 所有のマンションの空室が多く、家賃も下がっている。
  • 物件が古くなって、修繕費、管理費がかかってしまう。

上記のような不動産の有効活用にお困りの方。不動産に強い相続診断士が、不動産の有効活用について的確なアドバイスを致します。

相続した不動産の有効活用は、相続対策の代表的な手法です。
相続税の納税資金
相続税は、相続開始を知った日から10か月以内に現金一括で支払うのが原則なため、多額の現金が必要となります。ViVi富山は、不動産に強い相続診断士によるお客様のスムーズな相続手続きをサポートしますので、ご安心ください。
税負担軽減(相続税・贈与税)
不動産を活用すれば、税負担軽減や安定収入を得られるなどのメリットがあります。ViVi富山では、お客様に合った活用方法の種類や特性を把握し、アドバイスをさせていただきます。
ホームページからのご相談・お問い合わせ
TOP